b0399364_16405331.jpg


 菜の花の苦味や、せりの香り、蕗のほろ苦さがおいしいと思うようになったのはいつのことだったのだろう。
人生のにがみだけは知りたくないものだが・・・。
 夫婦という最も身近な他人と生活するということは考えてみれば冒険だ。
 環境も育ちも違う赤の他人が結ばれる。
相手を良く知るにはとてつもない時間がかかるものだ。
それなのに他人同士が日々生活するのであるから、面白いといえばこれほど面白いことはない。
新生活をスタートして新発見のことが多い。
良くも悪くも毎日が発見だ。そして何年も経つと空気のような存在となるのだから不思議なえにしとしか言いようがない。
 無口な夫と陽気な妻。我々夫婦はそんな感じだった。それがいつのまにか同化してきた。
 結婚前、どこへ行っても似ているといわれ、兄弟かと聞かれることが多かった。
 私は当然のことながら怒り心頭!「似ても似つかない!」と怒ったものだ。
 それが去年ベトナムとカンボジアの旅をしていて、カンボジアのアンコールワットの夕日を見ていたとき、カンボジアの女の子に「あなたたち兄弟?」と聞かれてびっくり仰天した。
私は二重まぶたのソース顔。夫は一重まぶたの醤油顔。どこが似ているのか信じがたいことだ。
 詩人の四元 康祐はその詩集『妻の右舷』(集英社 )の中にある「妻を読む」でこう書いている。
妻は言葉では書かれていないので
長編小説を朝までかかって
読みあげるようには
ゆかない
(省略)

字面ではなく文体を捉えたい
妻からも自分からも遠くはなれた静かな場所で/
大気に雪の気配を嗅ぐ小枝のように
妻を読みたい
と(一生一緒に生きてゆくだけでは満足できずに)、(表情でも仕草でもなく)妻そのひとを読みたいと詠いあげる著者。
生涯かけて熟読玩味しても読みきれない書物。
それは人の心という本だろうか。
愛を越えた愛があるならばそれは相手を知り得ない哀しみにも通じるのかもしれない。
言い換えるなら、朝晩顔を突き合わせていても存在丸ごと、魂の深部まで知りえないことへの憂いにも似たものである。
b0399364_16392396.jpg


 
b0399364_16420325.jpg


妻の右舷

四元 康祐/集英社

undefined



# by zoushoin | 2018-12-13 16:52 | | Comments(0)

寒い日の夕餉(ゆうげ)

b0399364_18221978.jpg


 寒さが増してきた昨今。
朝起きるのがつらい、つらい。
 夜は家族の帰宅時間にあわせてパジャマや着替えの衣類を炬燵の中に入れて暖めておく。
 「寒い、寒い」といいながら帰ってくる順番に暖めておいたパジャマや、部屋着を着る。
  手を洗い、うがいが済むと暖かい部屋で夕食だ。
  湯気のむこうに笑顔がある。暑い夏はこうはいかない。
b0399364_12384688.jpg

 やはり一家団欒が似合うのは寒い季節の夕餉の風景だろう。
 温かいお鍋料理をつっつきながら、今日の出来事を話す。
 夫は熱燗をのみながら「しみるなあー」などと上機嫌になる。
 主婦はこんな日は、みんなの笑顔にむくわれる。
 寒いのは苦手だけれど、一家が身を寄せ合うように団欒する寒い日は好きだ。
b0399364_21360023.jpg

# by zoushoin | 2018-12-13 12:41 | 日記 | Comments(0)

『風の島へようこそ』

風の島へようこそ (福音館の科学シリーズ)

アラン・ドラモンド/福音館書店

undefined



わたしたちはこれまで、化石燃料と呼ばれる石炭や石油を燃やしてエネルギーを利用してきた。しかし、その化石燃料はそのうち枯渇する。また、石炭や石油を燃やすことで地球温暖化の原因となる二酸化炭素が大量に出る。そして原発から出る放射性廃棄物の処理場がどこにもない問題が世界中で取りざたされ、真剣に議論がなされるようになった。

「それではいくらつかってもなくならない自前のエネルギーを持とう」と言い出した人がいる。
 それが絵本の主人公、ソーレ・ハーマンセン氏の提案から始まったのである。
この絵本の舞台であるデンマークのサムス(サムソ)島は、首都コペンハーゲンから西に100キロほどのところにある人口約4000人、面積は沖縄本島の10分の1という小さな島だ。
 たえず海風がふく、この島で自分たちがつかうエネルギーを自分たちで作り出す計画がはじまった。
 石油や石炭や原子力にたよらず、くりかえしつかえる自然のエネルギーをいかしてくらす。
そんな夢の実現を島民全員でなしとげた実話にもとづく風の島の物語だ。

 自分たちの力で、自分のできる方法で自然のエネルギー(風力や、太陽、麦わらを燃やす、菜種油)を利用して、電気を生み出し、エネルギーをつくりだすことに成功した島民の物語が楽しく読みすすむことができる。エネルギーを生み出すばかりでなく、それを分け合ったり、節約する事も大切なことである。
 地球上、風の強いところもあれば、太陽が豊かなところもある、暑さが厳しいところや、寒いところもある。それぞれの国、地域で、どんな自然エネルギーを利用するのが一番良いのか、未来のためにみんなで考えていかなければならない問題だとこの絵本を読みあらためて考えさせられた。
 この絵本から、大人も、子供も、一家で、クラスで、学校で、友達と地域の仲間と、お隣さんと、話し合う機会を作りたいものだ。


# by zoushoin | 2018-12-13 08:55 | | Comments(0)

アザミの花

b0399364_23211230.jpg


 野辺には名もなき花がひっそりと咲いている。
 とげだらけのアザミの花は嫌われる。
 同じとげのある花でも薔薇は花の女王。
 アザミは、とげだらけで、愛想がなく、つんと、つっ立って咲いている。
 まるでわたしのようだ。
 だからわたしはアザミの花が好き。

b0399364_23211230.jpg


 アザミの花
 野辺に咲きてうるわし
 とげをまといて
 凛と咲く

 世に問うは
 小さきとげなり

 その夜 散りて朽ちはつるとも
 そは光受けたる花なりき
 なりふりの小さきものにもまことの美あり
 命は短けれど全き人もあるなり。

 アザミの花
 野辺に咲きてうるわし
(夕霧)


 

# by zoushoin | 2018-12-13 00:06 | 日記 | Comments(0)

ハム物語

b0399364_02005745.png


英国南東部に位置するカンタベリー
b0399364_02030828.jpg

カンタベリーは14世紀にジェフリー・チョーサーによって書かれた『カンタベリー物語』で知られる古い小さな田舎町である。
英国国教会の大本山であるカンタベリー大聖堂がそびえ、いまだに英国各地から巡礼に来る人や観光客で賑やかなところである。
b0399364_02060823.jpg


中世から巡礼地として栄えてきた、カンタベリーに留学していたわたしは,牧師さんの家に下宿していた。 

 牧師のバリーは40代後半。独立している娘二人と高校生の息子、陽気で賢い妻のアニーと暮らしている。
 牧師さんと言うと説教くさい人を想像していたが、でっぷりとした体にやさしそうな笑顔の普通のおじさんというのが初対面の印象である。
 会話はもっぱら陽気な奥さんのアニーと交わすことが多かった。
 高校生のイアンはわたしの下手な英語をからかうばかり。
 牧師さんは書斎にこもりっきりで夕食時に顔をみせるだけだった。
 下宿生活に慣れるにしたがって、夕食後の後かたづけは牧師さんがやるということがわかってきた。
 一宿一飯の恩義があるわたしはお手伝いをかってでることにした。
 英国の皿洗いはびっくりすることばかり。
 洗剤をつけてあらうのだが、すすぎをしない。
 洗剤液がついたままかごに立てかけてふきんで拭いておしまいである。
 ほとんどの家庭がそうやっているという。
 気持ちが悪くなったわたしは、皿洗いはわたしがやりますから、牧師さんは拭く方をやってくださいと提案した。
 次の日から、皿洗いをしながらわたしと牧師さんは雑談をするようになった。
 雑談といっても、共通の話題がないので話の種はすぐ尽きてしまう。
 今日学校であった話をするともう次の話題がない。
 わたしは、もくもくと皿を洗い、牧師さんも黙って皿を拭くばかり。
b0399364_02021936.jpg

 ある日、趣味の話題になってアマチュア無線の話をすると、牧師さんの皿を拭く手がぱたりと止まった。
 何と牧師さんの趣味もアマチュア無線だという。
 アマチュア無線家を「ハム」と呼ぶが、同じハム同士だとわかったとたんに二人は台所で大はしゃぎをした。
 牧師さんの家には無線のアンテナがたっていなかったので、まさか牧師さんがハムだとは知らなかった。
 そして牧師さんも、まさか日本からの留学生で、女性のわたしがハムだなんて想像しなかったことである。
 牧師さんは
 「今日から僕たちはハム仲間だ。バリーと呼び捨てにしてくれ」と言い出した。
  以来、バリーとわたしはあけてもくれても無線談義で盛り上がるようになった。
  趣味の話になると不思議に英語がすんなりと運んでいった。
 毎日無線談義するだけではあきたらなくなった二人は、実際に無線機に向かって話したいと思うようになった。
 そこで同じアマチュア無線局である奥さんの弟の家まで出かけることにした。
 弟さんは工業高校の先生をしていて、アマチュア無線クラブの部長をしているという。
 バリーとわたしはその工業高校へ行ってそこから全世界に向けて電波を出そうということになった。
 ロンドン南東部に広がる通称「英国の庭」と呼ばれるケント州の小道をドライブし、一路義弟の家へと急いでいた。
 「私生児って知ってる?」
 運転していたバリーが突然わたしに尋ねた。
 「私生児?法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子のことでしょ?」
 「そう。それそれ。僕は父親がわからない私生児として生まれたんだ」
  バリーの突然の告白にわたしはうろたえた。
 普段、無線談義はしても、バリーとわたしは個人的なことは話さない。
 それが突然、車の中で自分の生い立ちの秘密を明かしたのだから驚くばかりである。
 バリーは父親が誰かわからないままこの世に生を受け、まもなく養子に出されたとのこと。
 バリーが突然車をとめた。この近くに自分を生んだ母の墓があるから今から行くと言い出した。いつのまに積んだのか、車の後ろにバリーが庭で育てた花があった。
 粗末な荒れたような墓地だった。
 生い立ちの秘密をなぜわたしに話したのだろうかと考えた。
 同じ趣味だとわかった日から、心を開いて話すようになったとはいえ、解(げ)せないことだった。
 思い当たることといえば、ある日、わたしは自分の名前の由来についてバリーに話したことがあった。
 女ばかりの三番目に生まれた日、父は、がっかりして名前も考えたくなかったこと。
 届けを出す最終日にしかたがなく好きな花の名前をつけたいきさつをバリーに話した。
 やっぱりわたしはうまれてこなければ良かった子だったのだろうかとたずねた。
 バリーはどの子供も神様の愛の元にうまれたのだと答えた。
 しかし、無宗教であるわたしに神様の愛がどんなものか理解できなかった。神様よりも父親に祝福されたかったと思った。
 わたしに理解させるのは難しい問題である。言葉の障壁もある。バリーはずっとその答を心に抱いてきたのだろう。
 バリー自身、父の愛も母の愛も受けずに、なかば捨てられたような生い立ちである。私以上に考えてきた問題だったにちがいない。
 バリーは
 「今自分がこうして生きていることが嬉しく、日々感謝している。命をいかすのは自分だ」
 と静かに語った。
 多くのことを語るよりも自分をさらけだし、一緒に考えようとする姿勢に心を揺さぶられた。
 質素な墓に額(ぬか)ずくバリーの後姿には五十年近く己の命と向き合ってきた人の厳しさがあった。
 異国から来たわたしに家族にさえ語らなかった自分の生い立ちを話してくれた重さをひしと受け止めた瞬間だった。
 墓地を出ると二人はまた弟が待つ村へと急いだ。
 目的地の工業高校について、わたしは英国からはじめて全世界に向けて自分の声を電波に乗せることができた。
 帰路につく途中でバリーが面白いものを見つけ、車を止めた。それは「ハム村」と「サンドイッチ村」という標識である。珍しい標識なのでよく盗まれるとか。
b0399364_02032431.jpg


「ハムとサンドイッチかぁ!こりゃ傑作だ!ここに二人のアマチュアハムがいるから豪勢なサンドイッチのできあがりだな!」
 バリーとわたしはこの標識の妙に大いに笑った。
 英国を去る日、バリーは英国のアマチュアハムのステッカーを記念にくれた。
 バリーが墓地で言った「命をいかすのは自分だ」の言葉と共にわたしの一生の宝物となった。
 

# by zoushoin | 2018-12-12 15:54 | 随想 | Comments(8)

three dog night

b0399364_02204504.jpg


Three dog nightという'70年代のシンガー・グループがありましたが、
three dog night というのは、"極寒の地で暮らす人が、寒い夜は犬と一緒に寝て暖をとっていたのが、犬が三匹いないと間に合わないくらい寒い夜だというものです。
 つまり、「ものすごっく寒い夜」のこと。
「今夜は、しばれるねえ」などと北国の人は言うのでしょうか?
 庭のつくばいの水も氷をはってしまいました。
 明日は今日よりもさらに「しばれる」そうです。
 あたたかくしてくださいね。

b0399364_02222905.jpg


 
 
# by zoushoin | 2018-12-12 02:23 | 日記 | Comments(0)

生きるということ

b0399364_01433227.jpg


日々老人施設を訪れていると、
「命」「生きるということ」について考えさせられる。

 長い人生でいろいろなことに遭遇する。
病気や災害、天変地異にあうこともある。

昨今では原発による人災にもあう。また戦争などに巻き込まれることもある。
そうした災害や病だけでなく、対人関係のストレスで心を病むこともある。

 山あり谷ありの人生をかいくぐってやっと老後を安らかに過ごそうと思っていたら、
年金では暮らせない世の中になってしまった。、
憂う暇もなく、今度は認知症になり施設のお世話になる。

 長寿日本ではあるが、長生きしたばかりに、近親者がみな亡くなり、
自分だけが身よりもなく一人ぽっちになったらどうするか?

 しかも、介護が必要な身体になったとしたら。
慣れない施設の暮らしは不安でいっぱいだろう。
 孤独と不安。

 なんとかかつての楽しかった出来事を思い出してもらおうとするが、
楽しかった過去をさかのぼり、ふと現実の自分の状態を思うとき、深い孤独に立ち返ってしまう。

 自分の無力を思う。
 帰ろうとすると手を合わせて拝むように見送ってくれる。
それは今生の別れのようでせつなく後ろ髪を引かれる。
# by zoushoin | 2018-12-12 01:45 | 日記 | Comments(0)

閉め出された!!

b0399364_16521306.jpg

「バシッツ!」

夕方、散歩に出ようと、夫に「散歩してきますね」
と言って門をでた。
小一時間して、戻って門を開けようとしたらしまっている。
ピンポンと鳴らしても、鳴らしても誰も出ない。
門は何者かによって閉じられた!!!
誰だ!
夫だ。
しかたがないので、お隣さんにわけを言って、電話してもらった。
隣のご主人曰く「何か悪さでもしたんだろう、奥さん!」
もう面目丸つぶれだ
電話に出た夫は炬燵でいい気持ちで寝込んでしまったとか。
その前に郵便局が来たので応対して、そのまま門をしめたとのこと。
散歩に出た妻のことなどすっかり忘れたのだ。
教訓!散歩に出る前に夫の首は絞めておこう!
ちがった。門のかけがねは絞めないで行こう。


# by zoushoin | 2018-12-11 16:51 | 日記 | Comments(6)

b0399364_10180959.jpg


今から100年前、新聞の投書欄に載った少女の記事です。
b0399364_10203115.jpg

サンタクロースはいるの?
(今から100年前に米国の新聞に載ったお話です)
ニューヨークサン紙への 手紙
ニューヨークサン紙 1897 サンタクロースはいるの?
 私は8歳です。 私の友達はみんな「サンタなんていないっていうのです。
私に本当のことを教えて。
私のパパにきいてみたら 「サン紙にきいてごらん。
新聞がいるっていえばいるんだよ」っていいました。
教えてください。サンタクロースはいるのですか?
バージニア オハンロンより

「バージニアへ」
あなたの友達はまちがっているよ。
その友達たちは疑い深い人たちの影響をうけているんだよ。
彼らは自分の目で見たものだけしか信じられないんだね。
彼らはよくわからないものは存在しないってかんがえているんですね。
でもね、バージニア、人間のわからないことなんて大人にとっても子供にとってもたくさんあるのです。
この大きな宇宙の中では 果てしなく広がる世界に比べたら、
人間なんてほんのちっぽけな ありみたいなものなのです。
すべての真実や知識をつかむ力なんてないんだよ。

そう、サンタクロースはいるんだよ。
この世に 愛 思いやり 一生懸命さがあるのと同じように 彼は 確実に存在しています。
そして それらはあなたたちの人生を 楽しく美しいものにしてくれてるよね。
だって、サンタクロースがいない世界なんて想像できるかい?
なんて つまらない世界だろうね。 バージニアがいないこの世界くらい つまらないものになっちゃうよ。
そこには 人を信じる心も 詩も 愛もないんだよ。自分の見たもの 体験したもの以外 喜びも存在しないんだ。
子供時代をあかるく照らしてくれる 明るい光はきえちゃううだ
サンタクロースをしんじない? 妖精たちを信じないほうがまだましさ。

君たちはきっと クリスマスイブの夜に 煙突っていう煙突を サンタを捕まえるために パパにたのんでみるのかい?
でも、君たちが、サンタが降りてくるのをみなかったからって それがサンタクロースがいないっていう証拠になるの?
誰もサンタをみたことがないんだよ。
でも、それが サンタなんていないっていう 証拠にはならないよね。
世の中で ほんとに 本当のことって 子供も大人もみたことがないものなんだよ。
君は お庭の芝生の上で 妖精たちがおどっているのをみたことがあるかい?
きっと ないよね。 でも 妖精たちがそこにはいないっていう 証拠なんてないよね
世の中で 見えない見ることのできないものを誰も 考えたり、想像したりできないんだよね。

君は 赤ちゃんの ガラガラをこわして 中で何が音をたてているのかみたことはあるかい?
どんなに強い男の人だって いや この世で一番の 百人力の男が 何人力を合わせても
こじあけて中を見ることのできない ベールでおおわれた見えない世界があるんだよ。
人を信じる心 詩 愛だけが そのカーテンをあけて 不思議な美しいきらきら輝くものをみることができるんだよ。
それが みんな本当のものかって?
あのね バージニア この世界には 本当で永遠につづくもの以外他には何もないんだよ。

サンタクロースなんていない??
まさか! かれは ずっと ずっと永遠に生きているよ。
今から千年後 いや 一万年が10回きても 彼は子供たちの願いをかなえているよ 。

b0399364_10215382.jpg

# by zoushoin | 2018-12-11 10:26 | 日記 | Comments(0)

鈍感力

b0399364_01295929.jpg


誰にも触れられたくない事はあるものだ。
何気なく人が口に出すとき、私もなにげなさを装って笑ったりする。
しかし、それからそのことがヒタヒタとインベーダーのように心の中に侵食してきて私を悲しめる。
一年たったある日。またその人たちと合わなければならないことがあった。
もう立ち直った私は明るくその集まりに出かけようと思っていた。
夫が「今日断ってきたよ」と突然私に無断で決めてきた。
「え?なんで?」
「だって行きたくなさそうだったからさ」と夫。
私の心の奥底など夫が知るよしもないと思っていた。
僕は鈍感力だったら誰にも負けないよ,といつも言っている夫。
「そう」
私はボソッと言って自分の部屋へ入った。
あかりもつけずに椅子に座った。
 ・・・・・
鈍感だなんて・・・うそ!

b0399364_01384183.jpg

# by zoushoin | 2018-12-11 01:28 | 日記 | Comments(0)